ナイトワークをするなら知っておきたい!史上最強の体調管理術

ナイトワークで稼ぐために知っておきたい!体調管理術【まとめ】

学生をしながらキャバクラのボーイなどのナイトワークをする時に押さえておきたいのが体調管理。

昼間は学校、夜はバイトっていう生活は、最初こそやる気やモチベーションがあるから頑張れるものの、気持ちがだれてくるとだんだん体力的にも限界がきて体調も崩しがちになる。

だから、学生をしながらナイトワークをする上で体調管理に気をつけるっていうことは、元気に勉強もバイトも続ける上でかなり重要になってくるんよな。

これらの体調管理については社会人になってからもかなり役立つから、ぜひ知っておいて!

勤務の次の日は太陽光を浴びるようにする

キャバクラのボーイとして勤務した次の日は、眠くて学校が無いとずって寝てたり、家の中にこもりきってゴロゴロしてしまうかもしれへんけど、それは危険。

だんだん体がだるくなってやる気すら起きなくなっていくから、必ず早めに起きて、太陽光を全身に浴びるようにする。

俺は学生時代、ボーイのバイトで多少遅くなっても朝の8時から9時くらいには起きて、太陽光を浴びてストレッチするようにしてた。

実は太陽光って体内のビタミンDを作るのに重要らしくて、それによって健康増進効果があるって言われてる。
うつ予防にも効果的って言われてるよな。

俺はそこまで栄養素とかについては詳しく考えたことは無いけど、単純に太陽光浴びてストレッチしたら体も頭もスッキリするっていう理由でやってた。

疲れていても食事は決まった時間に摂るように心がける

あと、体調管理をする上で食事もかなり重要!

疲れていても、必ず同じ時間に3食食事を摂るようにはしてた。食事の時間を一定にすれば、体内時計が狂わずに済むし。

俺は親の教えで必ず朝ごはんを食べる習慣があったから、大学生になっても朝寝坊せず、お腹が空いたら起きるっていう便利な体質ができてた(笑)

あとは昼はがっつり食べて、夜は野菜中心の食事にするっていう風に意識すれば特に太ることを気にせずストレスなく3食食べられてた。

食事の時間を一定にする、それから出来るだけ肉、米、野菜をバランス良く食べるっていうことを意識しておけば、体調管理はかなりうまくいくよ。

遅い時間まで寝すぎないようにする

たとえ勤務の次の日が講義がなかったとしても、遅くまで寝すぎないっていうのもかなり大事やな。

だらだら寝すぎて結局次の日夕方くらいまでベットまでゴロゴロしてたら、最初に言った太陽光を浴びるっていうこともできなくなるし、体がだるくなってどんどんしんどくなっていくだけ。

特に予定がない日でも、ちゃんと起きて太陽光を浴びる、ご飯もちゃんと食べるっていうことだけでもしておけば頭がスッキリして病気知らずで学校とバイトに頑張れる。

とはいえ、毎日学校とバイトの繰り返しっていうのは流石に体力的にしんどくなるから、バイトのシフトはほどほどに(笑)

あとは、やばいと思ったらちゃんと体をしっかり休めることも体調管理の一環。
実際に体を壊してから後悔しないように予防すれば、勉強もバイトも頑張れる体づくりができる!

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました