午前中から働ける朝キャバ・昼キャバのメリットとデメリット

朝キャバ・昼キャバとは?

朝キャバ・昼キャバっていうのは、朝や昼の営業してるキャバクラのこと。

朝キャバの場合は午前6時~正午ごろまで、昼キャバの場合は正午から夕方18時くらいまでの営業っていうところが多いかな。

キャバクラのボーイとして働きたい人の中には、仕事内容に対する理解ややる気はあるものの、営業時間が遅いのがネックになってるっていう人もいるかもしれない。

でも、朝キャバ・昼キャバなら、朝や昼の時間にキャバクラのボーイとして働くことができるからそうした時間がネックになってる人にもおすすめ。

仕事内容も、キャスト・ボーイ含めそこまで変わりはないから夜とそこまで変わらない仕事内容で働くことができるっていうのも魅力的なポイントかも。

その朝キャバ・昼キャバのボーイとして働くことのメリットとデメリットについて解説していきます!

朝キャバ・昼キャバでボーイとして働くメリット

まずは朝キャバ・昼キャバのボーイとして働くことのメリットから。

営業時間が違うだけで大きな仕事内容の違いはないんやけど、時間が違えばお客さんや仕事のやり方にいろんな違いが出てくるんよね。

それによってボーイにはどんなメリットが出てくると思う?

生活リズムが崩れない

基本的に朝昼に営業していて、その時間に働くことになるから、生活リズムは朝方のまま、崩れにくいのが良いところ。

夜キャバのボーイとして働いていると、どうしても生活リズムが崩れて、シフトをたくさん入れると夜型になってしまう可能性も。

特に学生をやりながらの場合、朝方生活のままキャバクラのボーイとして働ける朝キャバ・昼キャバは生活とのバランスを考えるとかなり負担が少ないと言えるね。

朝キャバ・昼キャバのほとんどは土日祝日も営業してるから、平日は学校、休日はバイトっていう生活にしたい人にもおすすめ。

仕事量が少ない

夜キャバに比べ、朝キャバ・昼キャバは仕事内容こそ変わらないものの、お客さんの人数自体はまだまだ夜キャバに比べて少ないから、それに伴って仕事量は少なめ。

たくさんの仕事を一気にやらなければいけない夜キャバの仕事に頭がパンクしそう…って悩んでるなら、まずは朝キャバ・昼キャバで仕事に慣れるところから始めるのも良いかもしれへん。

ただ、それに伴ってボーイの人数も少なく配置されてる場合もあるから、より広くお店に目を配らないといけないお店も。
そこはお店によるから、見極めが必要やね。

同業者のお客さんが多いため働きやすい

朝キャバ・昼キャバは夜の時間に働いてたホストとか、夜キャバのボーイとかバーテンダーとか、水商売同業者のお客さんが客層の中心。
仕事終わりに朝キャバに遊びに来るっていう感じやな。

お客さんのほとんどが水商売とかキャスト・ボーイの仕事に理解がある人で、セクハラや無茶なオーダーもほとんどないのが朝キャバ・昼キャバの働きやすいメリットのひとつ。

ちなみに、同業者以外で言うと定年退職後の年配のおじいさんとかも多いな。

朝キャバ・昼キャバでボーイとして働くデメリット

じゃあ、逆に朝キャバ・昼キャバのボーイとして働くデメリットは何か。

営業時間が違えば、キャバクラのボーイの仕事内容やサービス内容はほぼ同じでも客足や客層が違う。

キャバクラでのそのことによって起こり得るデメリットについても知っておいてな。

時給が夜キャバよりも安い

夜キャバのボーイの給料は1500円ほどと高め。
それに対して、朝キャバ・昼キャバのボーイの時給相場は大阪でだいたい1200円程度と、同じエリアでも時給に数百円の違いが出る。

って言うのも、キャバクラのボーイの仕事は深夜手当も込みで高くなってるところがあるから、それを考えると夜に比べて多少安くなってしまうのは当たり前のこと。

それでも、1000円を超えるところばかりやから、同じ時間に他のアルバイトをすることを考えると、多少高めで働くことができるって言うのはかなり魅力的かも。

効率よく働きたいなら夜の方がそりゃあおすすめではあるけど、事情があって夜キャバで働くのは辛い人は朝キャバ・昼キャバのボーイの仕事を探すのがおすすめやな。

「どうせ働くなら多少無理してでも稼ぎたい!」って人は夜キャバがいいかも。
夜キャバのキャバクラのボーイとして働くメリットとデメリットについてもチェックしてみてな!

求人数が夜キャバよりも少ない

キャバクラ=夜って言うイメージはまだまだ抜けきってないから、夜キャバに比べて、そもそも朝キャバ・昼キャバは店舗数が少ない。

だから都合の良いエリアに都合の良い条件で募集してる朝キャバ・昼キャバのボーイ求人が見つかるって言う保証は100%ではないのが現実。

もしかすると働きたいと思ってるエリアに朝キャバ・昼キャバのボーイ求人がないっていう可能性もあるから気をつけやなあかんな。

とはいえ、大阪のキタやミナミ、京都や三宮といったキャバクラの有名エリアでは高確率で求人が見つかるから、そうしたエリアを狙うのがおすすめ。

シフトが学校の時間と被る可能性が高い

朝キャバ・昼キャバは朝・昼の時間に働くことになるし、学校もだいたいが朝から昼の間。

つまり、営業時間と学校の時間がモロ被りするから、シフトを入れづらくなってしまう可能性もある。

お店側は平日も入ってくれる人を募集してるかもしれないから、自分にぴったり条件の合うお店を朝キャバ・昼キャバのボーイで探そうとなるとさらに難易度は上がるんよね。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!